痛みはどのくらい感じる?全身脱毛サロンで行われる施術を紹介します

IPL脱毛はゴムを弾いたような痛み

脱毛サロンでおこなわれる光脱毛のほとんどは、IPL方式が導入されています。光脱毛の中でも最も脱毛効果が高く、太い毛に効果の高い施術方法です。光を照射して毛母細胞に熱ダメージを与える方式で、その際にゴムを弾いたような痛みを感じるのが一般的です。痛みの感じ方は部位によって異なり、特にVIOラインは痛みを感じやすいとされています。痛みが強い場合はエステティシャンに言うと照射レベルを下げてくれるので、痛みに対処することが可能です。

しかし、口コミやレビューではほとんどの人がIPL脱毛の痛みはそれほど強くないと感じており、安心して受けられる施術といえます。万が一IPL脱毛方式が合わない場合は、他の種類の光脱毛を選ぶと良いでしょう。

痛みを感じにくいハイパースキン脱毛

ハイパースキン脱毛は3歳から受けられる脱毛として注目されている方式で、一般的な光脱毛とはメカニズムが異なります。毛母細胞にダメージを与えるのではなく、バルジ領域に存在する発毛因子を減少させる方法です。バルジ領域は皮膚表面に近い場所にあるため、低い温度でダメージを与えられるため施術時に痛みを感じにくいのが特徴です。体温より少し高い38度の光なので、温かみを感じる程度でIPL方式のような衝撃はありません。

そのため、敏感肌の人も安心して受けられるうえ、コラーゲンの生成を促す光が含まれているため美肌に近づくこともできます。毛周期に合わせて行う必要もなく、3週間に1度というハイペースで脱毛が進められるのも特徴です。