施術後の肌はどんな状態?全身脱毛のアフターケアを知りたい!

まずは冷却することが必要

光脱毛やレーザー脱毛を行った後の肌の状態は、レーザーなどの影響で熱が発生し、赤みやほてりが残ることも少なくありません。施術が終了してから冷却パックを当てたり、肌に刺激を与えないようにジェルなどを塗る場合も多いです。セルフケアとしても過度な運動や飲酒、入浴などを避け、肌に負担がかからないようぬるめのシャワーを浴びるだけで済ませたほうがいいでしょう。基本的にサロンや医療機関でジェルや保湿剤を塗ってはくれますが、アフターケアとしては冷却と保湿がメインとなります。冷却は当日、あるいは翌日腫れやほてりを感じる場合は施術を行った部分に冷却パックを当ててひやしておくと、毛穴がはれ上がったり毛嚢炎になるリスクが低減します。

日焼け対策と保湿を重点的に

冷却を済ませたら、その後保湿を重点的におこなうことが必要です。保湿はオールインワンジェルをはじめとした、あまり重過ぎないもののほうがいいでしょう。乾燥肌の人であればクリームでも問題はありませんが、オイリー肌の人の場合はジェルのほうがにきびなどが発生しづらいです。朝晩、次の施術がおこなわれる時期まで行っておくと、肌への負担が低減し、きれいな肌でいられます。なお、1週間位して特に毛穴や肌に異常がなければ、通常のクリームなどで問題ありません。外出するときには日焼け対策として日焼け止めを塗るだけではなく、できれば上着などで紫外線が絶対に当たらないようにしておくと、しみなどが発生するリスクを低減できるでしょう。生活紫外線にも気をつけ、肌にしみが発生しないように屋内でも上着や日焼け止めを欠かさないことが重要です。